店舗

お店で商売しよう

貸店舗を大阪で利用するときは不動産屋に行って物件を確認します。気に入った物件があるならそこに見学に行って条件に合うなら契約を行うのです。このときに家賃交渉をする事ができるので安く抑えたいなら行ってみましょう。

バトンの繋ぎ方

複数の人

会社を守るために

事業承継の対策は早い段階から計画的に準備を行う必要があります。事業承継を行う上で、自社株を活用する方法があります。まず、持株比率を確認します。これは自社が保有している株式が全体のどれくらいを占めているのかの割合で、会社を運営していく上で大切なものです。この持株比率を高めるというのが一つの方法です。持株比率を高めるためには経営者が自社株を買い取ります。経営者が自社株を買い取ることは、今後の事業承継をスムーズに進めるための準備として有効です。自社株を買い取る上で、その買い取り資金をどのようにして確保するのかがポイントになります。自己資金で足りず、借入の問題についても考慮しなければなりません。事業承継を行う上で、種類株式についても考える必要があります。種類株式は株式の内容によってその権利の行使内容に特徴がある株式のことです。議決権制限株式、取得条項付株式、拒否権付株式は有効な種類株式です。議決権制限株式は株主総会の決議において議決権の行使に制限がある株式です。議決権の行使を後継者に限定すれば事業承継のために有効となります。取得条項付株式は会社側に買い取る権利がついている株式です。相続などで分散した株式を後継者に集中させることが可能です。拒否権付株式は株主の意向で株主総会の決議内容を覆すことができる非常に権限の強い株式です。経営者の影響を保ったまま、後継者に引き継ぐことができます。他の株式よりも強い権利をもっているため、導入する際は慎重に行う必要があります。

男女

海外進出と現地サポート

インドネシアでの会社設立を成功させるためには現地事情に長けたビジネスエキスパートからのアドバイスが不可欠です。これは法的なサポートだけではなく、経営戦略や各種ビジネスのコンサルティングなど幅広いサポートを提供してもらうことが出来ます。

歯科医

将来の経営力に繋がります

大阪で歯科医院の開業を実施する際には、その数も多く存在するため、生き残りをかけた努力が必要となります。歯科医院の開業に向けては、土地選び、資金や設備調達、建設業者との折衝や内覧会に至るまでの作業が必要になります。専門業者のサポートを得る事で、将来性を考慮した効果的で確実な経営に繋がります。